猫が病気の時、おすすめのキャットフードとは?

MENU

猫が病気の時、おすすめのキャットフードとは?

猫が病気の時、おすすめのキャットフードとは?

ピュリナワンのキャットフード

猫が病気になった時におすすめできるのはピュリナワンのキャットフードです。ピュリナワンのものの優れているところは猫の年齢にあったものが、それぞれ用意されているところです。猫は人間と同じように年齢によってかかりやすい病気も異なっています。だからこそ猫の年齢に合わせたエサを選ぶことが猫の健康を維持する上で大切になるのです。

例えば猫が健康を害しやすい場所の一つとして下部尿路がありますが、ピュリナワンにはこの下部尿路の健康を維持するために専門に作られたものもあります。しかもピュリナワンのものは1歳から10歳までの猫の下部尿路の健康維持に役立つものと、11歳以上の猫のためのものに分けられているため、年齢にあわせた下部尿路の健康管理ができます。1歳から10歳までのものは特に、この年齢の猫が発生しやすいストルバイト尿石に配慮して作られています。またミネラルのバランスにも気を配っています。10歳までのものはチキンの味とサーモンの味の二種類があるので、猫の好みに合わせて選ぶことができるのも魅力です。

その一方で11歳以上のものは、年を取った猫に多いシュウ酸カルシウム尿石に配慮して作られています。それと同時にストルバイト尿石にも配慮して作られています。ビタミンもバランスよく配合されているのも特徴です。それ以外にもピュリナワンには猫の健康維持に役立つキャットフードがいくつかあります。年をとった猫は腎臓の機能が低下することも多いですが、ピュリアワンには猫が腎臓の健康維持を助けるための専門に作られたものもあります。腎臓に過剰な負担をかけないように良質なタンパク質が適切な量で配合されているのがこのフードの特徴です。それ以外にも年を取った猫が衰えやすい関節機能の健康維持のために、グルコサミンやコラーゲンも配合されているので、猫の健康を維持する手助けとなります。

 

ドクターズダイエットのキャットフード

病気になった猫のためのキャットフードとしては、より専門的に作られたものもあります。それがドクターズダイエットのキャットフードです。その中でもドクターズケアというキャットフードは動物病院での治療のために作られたものです。猫のために作られたものとしては、慢性腎不全を患っている猫の療養のために作られたキドニーケアという商品があります。この商品の特徴は慢性腎不全の猫にとって最適なバランスで栄養が配合されていることです。品質の高いタンパク質を使用することにより、商品全体に含まれているタンパク質の量を低減して、慢性腎不全の猫の身体に余計な負担がかからないようにしています。

またリンやナトリウムなどの量にも気を配り、猫の負担にならないように適性なバランスで配合されています。また慢性腎不全の猫の健康維持に役立つ、カリウムやビタミンBなどの栄養素にも配慮しています。病にかかった猫は食欲が低減することもありますが、この商品は猫が喜んで食べられるように味にもこだわっています。表面に天然の旨味成分をコーティングをすることにより、猫が美味しく食べられるようになっています。また体内で消化がしやすくなっているのもこの商品の特徴です。フラクトオリゴ糖なども配合されています。このキドニーケアはチキンとフィッシュの二種類の味があるので、猫の好みに合わせて選ぶこともできます。

それ以外にもドクターズケアにはストルバイト尿石症にかかった猫のために専用に作られた商品もあります。それがストルバイトケアです。ストルバイトケアは特にミネラルのバランスに配慮して商品が作られています。キドニーケアと同様に食欲が減退した猫でも美味しく食べてもらえるように、表面が旨味成分でコーティングされていて、味もチキンとフィッシュの二種類があります。